てと色彩工房のブログ 福岡発カラースタイリスト山澤かおるの仕事と遊びと子育て奮闘記


by raspberryred21
カレンダー

<   2007年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

まりまりとランチ

先日、イラストレーターのまりまりと久々のランチをしました。

まりまりには名刺のイラストを描いてもらっています。

あいかわらずのほんわか癒し系の彼女。
10年ほど前だったか、初めて会ったまりまりはイラストレーターの道を選んだばかりでしたが、
今ではもうすっかり福岡での売れっ子アーティストです。
それでも、謙虚で素朴さを失わない彼女の姿勢に、いつもほっとさせられます。
「あのとき、あの仕事を紹介してもらわなかったら、今の道はないです」
って、いつも彼女は「ある方」への感謝を口にしています。

「初心忘るべからず」ですね。
ほんわか彼女から、大事なものを気づかされます。

いつもひいろにいただき物をするので、
てんとう虫がトレードマークの彼女にてんとう虫の自転車の鈴をプレゼント。
コレクターの彼女にも珍しかったらしく、また、アナログな感じが大うけで、喜んでくれました。
f0147759_18274279.jpg

ずっと渡せずにいたので、よかったぁ。
[PR]
by raspberryred21 | 2007-09-30 18:30 | 素敵なもの・こと・ひと

お洋服届いたよ!

先日、東京の平山家から荷物がとどきました。

さくらお姉ちゃんのお下がりの子供服です。

子供の服はすぐ汚すので、たくさん必要ですが、ほんの1シーズンでサイズアウト。
気に入っていたお出かけ着ももうちんちくりん・・・
いつの間にか大きくなっているものです。
毎日見ているとよくわかりませんが・・・

ひいろとさくらちゃんは1歳ちょっと違いなので、いままでもたくさんお下がりを
回してもらって、大助かりです!

いつもありがとうね!
f0147759_1336356.jpg

[PR]
by raspberryred21 | 2007-09-29 13:20 | 素敵なもの・こと・ひと

はしんたん

先週の話ですが、長崎県の波佐見にある、陶芸工房「はしんたん窯」に行きました。

はしんたんの橋本さんとはかれこれ8年のお付き合いになります。
出会いは・・・
披露宴の引き出物に「陶器」を贈るために波佐見や有田をまわって
『自分たちが好きな作品を作ってくれる陶芸作家をみつけて、くどく旅』をしたときのこと。
2日目で縁あって「はしんたん窯」に出会いました。
(その経過は長くなるので省略)

とにかく、橋本さんの作るあたたかい器と、橋本さんの人柄にピン!ときて
引き出物をお願いしたのがきっかけです。

その後も年に数回、家族や親しい友人を連れては
工房で宴会!をしつつ、楽しい時間を過ごさせていただいています。

妊娠、出産でこのところお邪魔できず、ふと思い立って
山澤とふたりで1年ぶりに伺いました。

f0147759_14191463.jpg

f0147759_14193587.jpg

工房も、橋本さんもかわらない!

お酒を持って行くと、秋刀魚とごどうふを用意してくれていました。
炭で焼く秋刀魚は格別!

f0147759_14231421.jpg

いつもいただく、手作りの「ゆずごしょう」はほんとに絶品!
f0147759_14254034.jpg

工房の裏の田んぼは「かるがも農法」を始めたのだそうで、
小屋の下に数羽の鴨がいました。
f0147759_142623.jpg


今回、はしんたんの新しい作品で気になったものをいくつか紹介します。

f0147759_14272361.jpg

f0147759_14274366.jpg

f0147759_1428244.jpg
f0147759_14281237.jpg
f0147759_14283811.jpg
f0147759_14292345.jpg
f0147759_14294059.jpg


みなさん、陶器はお好きですか?

そういえば、陶芸で「ひいろ」というと、色というより、炎のことをいうんですよね。
正確には、薪を焚いて偶然起こる炎が器に描く色というか、模様というか
をいうのだとか・・・。
うちのひいろも「炎」のような女になるのかなぁ。
[PR]
by raspberryred21 | 2007-09-28 14:41 | 素敵なもの・こと・ひと
最近、「黒」をどうも受け入れられない・・・
もともと、黒だけっていうのは苦手なのですが・・・

(「黒」のお話はまたするとして。)

というわけで、ブログのメインカラーもブラックでしたが、(夜桜が好きなもので・・・)
見るのがきつくなってきたので、気分転換!します。


その人を象徴する色彩って、的確にその人を現していることってあります。
不思議なものですが・・・


みなさんは、「黒」といって思い浮かぶ人って誰ですか?
「赤」は?「緑は?」「ピンクは?」
ご自分は何色ですか?
[PR]
by raspberryred21 | 2007-09-27 15:00 | つぶやき

医院のリフォーム

とある、医院とそのお隣のご自宅のリフォームの打ち合わせに行きました。
今回は、診療スペースというより、ご自宅を含む、プライベートスペースのリフォームを・・・とのこと。
現在のお宅も広くて立派ですが、奥様のお話を聞くと、
住んでみてからのもろもろの「気づき」や、設計以後の仕上げの部分での
ご不満があられるご様子。

そういう意味では、施工会社さんを選ぶにも、安いとか、大きい(会社の規模が)とか
だけではまずいのでは?と改めて思わされました。

「自宅のリフォームに入っていただく業者の方には、人格のよい、信頼できる方がいい」
と奥様の言われた言葉が印象的でした。

ごもっともですよね。
新築ならまだしも、リフォームはそこに住みながら進んでいくことも多いもの。
たとえ数週間とはいえ、自分のプライベートスペースで
毎日顔を合わせなきゃならなくなるのですから・・・
それに、やっぱりあちこち出てくるであろう、「気づき」にすぐ対応してくれる
誠実さを求めたいのもよくわかります。

設計事務所としても、その誠実さは失わないように!と改めて思いました。
[PR]
by raspberryred21 | 2007-09-24 16:17 | 建築

1歳半健診

午前中は保育園で過ごさせ、午後から、「あいれふ」にある、保健所に
ひいろの1歳半の健診へ。

このところ、福岡の気温は35℃を超える勢い。
とても9月も半分過ぎているとは思えない暑さです。
日中の移動と、2時間はかかるだろう、健診と順番待ちの時間には不安もありましたが、
行かないわけにはいかない・・・。
そんな母の心配をよそに、本人は「お出かけモード」で上機嫌。

「歩ける」かどうかで、お出かけの荷物は随分減るものですね。
1歳健診までは、ベビーカーに抱っこ紐は欠かせなかったけれど・・・

問診と保険指導、体重と身長測定に加え、歯科受診とはみがき指導が。

はみがき指導で、皆さんの前で、モデルに。
「はい、ではこんな風に抑えて磨きましょう」
と抑えられ、大泣き!

あまりの大泣きぶりに、指導員の方は「子供は泣きます!泣くものです!」

次のモデルの子はおとなしくて、「おりこうさんね~」「ほんとにおりこうさんね~」と
指導員の方に何度も誉められて、ひいろとシュン(涙)として帰りました。

あの人が怖かったんだよね~、ひいろ!

その夜、歯磨き実践。
やっぱり大泣き!
子供は泣くもんです・・・よね。

f0147759_11232510.jpg

[PR]
by raspberryred21 | 2007-09-19 20:57 | 「ひいろ劇場」
ただでさえ、ママをしながら仕事をするのは大変だ。

「仕事と子育ての両立」
その大変さは自分がやってみてはじめてわかったこと。

「仕事と家庭の両立」
「仕事と勉強の両立」
どれも大変だけれど、「仕事と子育ての両立」とは圧倒的に違う点がある。

「仕事と子育ての両立」をするためにクリアしなければならないことは
大きく3つあると思う。

1つは・・・自分自身のガンバリ。
    仕事の種類にもよるけれど、妊娠によって大きくなった身体を元にもどしたり、
    乳腺炎にならないようにおっぱいのコントロールをしたり、
    夜、起きておっぱいをあげたり、夜泣きに対応したり・・・
    寝不足になろうと、結果的に乳腺炎になってしまおうと、
    自分が頑張れば解決。

2つ目は・・・夫や自分の親、もしくは保育園やベビーシッターなど、周りの協力とガンバリ。
    なにせ、子供は片時も一人ではいられない生き物。
    周りの人が「理解」だけではなく、「協力」してくれないと絶対無理!
    いくら保育園に入っても、身内の協力は必要不可欠。子供は熱を出す!

3つ目は・・・子供自身のガンバリ。
    生まれて半年もすれば、母親の見分けはついてくる。
    基本的には、母親がいつもそばにいる方が子供にとってはいいのだろう。
    2歳も近くなると自我が出てきて、子供ながらに複雑な思いもしてくるかもしれない。
    (今のところ、ひいろはそんな感じではないが・・・)

要するに、「自分さえがんばればいい」というものでもないというのが、決定的に違う点だと思う。
人の協力を得るためには、その人への気遣いだの、母親としての葛藤だの
プラスアルファの問題も生じるわけで、
その意味でもまたまた「自分のガンバリ」が必要になってくる。

で、つい、数日前、母となったヤワラちゃんが金をとった!
すごい!すごい!すごい!

ただでさえ、世界1を維持するのは大変だろうに。
試合や練習の合間に授乳しながら、ときに乳腺炎になりながら・・・
(乳腺炎って、ホントに痛いんです・・・)
あの集中力を保って金をとったのだから、
本当にすごい!!

働く母親に勇気をもらったニュースでした(笑)

私もがんばるぞ~っ!
[PR]
by raspberryred21 | 2007-09-19 09:41 | つぶやき

にがおえ

月末の保育園の運動会開催にあたっって、「園児の似顔絵」を
描いてくるように!とのお達しが保育士さんからあった。

「この画用紙いっぱいにできるだけ大きく描いてくださいね。」
ということで、画用紙を持ち帰り、作成!

似顔絵ってのは、特徴をおおげさに描かなくっちゃ!

で、こんなになりました。
f0147759_1635471.jpg



保育園に提出しましたが、
保育士の先生には不評だったみたい?!
「もっとかわいく描けばいいのに・・・かわいそうに・・・」って感じ?

え~!
これ、かわいくない?!

ひいろはめちゃかわいくはないけど、かわいそうじゃないです!
[PR]
by raspberryred21 | 2007-09-18 15:54 | 「ひいろ劇場」

玄瑛らーめん

福岡のラーメン屋で、行列のできる人気店というと、
大名の「一風堂」、警固の「秀ちゃんらーめん」、「一蘭」・・・
どれもメジャーすぎるほどメジャーだが、
ここ数年で、その仲間入りを果たしているラーメン屋が自宅近くにある。

「玄瑛」だ。

たしか、3年ほど前だったか、薬院六つ角に近い、警固の路地に怪しげ?な匂いを漂わせる
佇まいの店ができたのは・・・。
開店の表示が「開演」と記されている。
「劇場型」のラーメン店というコンセプトらしく、客席は劇場さながらに段々になっている。
で、なにを観賞するのかといえば、「店主がラーメンをつくる姿」だ。
店舗内装もここまでくれば、拍手もの!
この潔さは見習いたいものがある。
店舗、とくに飲食店はこういう、わかりやすいというか、大胆というか、
コンセプトをどれだけインパクトをもって表現できるかということが必要なんだと思ったりする・・・。
もちろん、動線だの、集客数だの、機能性だの、大事ではあるが・・・

カラーは黒、灰色、少しの赤。
この店の内装が好きかといえば、けっして好みではないが、
お客は例外なく、「一度来たら忘れない」と思う。それは内装の勝利だと思う。

・・・という、インパクトのあるお店だが、すぐ近くにあるにもかかわらず、
3年前、できた当初に行って以来、足を運んでいなかった。
理由は単純で、まずかったのだ。
いくら内装がおもしろくても、まずければ行かない。
その当初頃からはやりの「焦がしなんとか」が、苦くて苦手だったし、
流行っていない店の「劇場」が、なんだか大げさな感じがした。

メディアというものはやっぱりすごい!
地元のTVばかりでなく、全国放送でとりあげられてからというもの、
いつのまにか、土日には店の周りには昼間から行列ができる人気店になった。

それでも、「なんで?おいしくないのに・・・」一度食べて、その記憶がある私は行列を見るたび
そう思っていた。

その「玄瑛」にランチに行くことになった。
数ヶ月前、山澤がひとりで再び来店し、「味が変わってた。うまくなった。」というからだ。

平日の昼間、さすがに店の周りにまでは行列はなかったが、
それでも、3組ほど待って席についた。
3年前にオーナー一人でやっていた店には3人の若い男性スタッフ。
全国的に有名になったオーナーの姿はない。
中央の大きな鍋の前で調理を担当しているお兄ちゃんがやけにピリピリしている。
客席や2人のスタッフの動きに目をやって
絶えず、半分怒鳴り調子で指示をとばしている。
「来るときに空いた器を下げてこんや!」「中段の注文とったとや?」
・・・これも劇なのか?
とにかく、妙に「し~ん・・・」としていた3年前とはまったく別の店のようだ。

で、らーめん。
私は玄瑛流ラーメンを。
にんにくが効いている!
大事な仕事の前にはちょっと躊躇するが、「おいしい」。
3年前の、変な苦さはなくなっていた。

私の中では、福岡の行列のできるとんこつラーメン店としてはとりあえず、納得!
という評価です。

みなさん、行かれたことありますか?
f0147759_15415329.jpg

                            これは正面。わかりにくいのがミソかな。
f0147759_1540446.jpg

                              これは天井。

f0147759_15422314.jpg

                                    お昼のらーめん。


ちなみに、私はそれでも、川端「どさんこ」の「特性みそらーめん」と「半チャン」が好きです!
[PR]
by raspberryred21 | 2007-09-18 14:25 | つぶやき
週末は実家へ。
保育園では着れないワンピースやジャンバースカートを!

f0147759_16103620.jpg
f0147759_1610577.jpg

[PR]
by raspberryred21 | 2007-09-16 16:05 | 「ひいろ劇場」